uminoschole

2022/11/01 00:00


大阪、空堀にある1903年創業の昆布店「こんぶ土居」。

四代目当主の土居純一さんは、昆布の現状とその素材を大切にした活用法を伝えるべく、活動を続けられています。


お家でお出汁をとる皆さんは、「だしがら」はどうされていますか?


実はその栄養のほとんどは、だしがらの方に残っているんだそうです。


そんなだしがらを「捨てない」ことで、活かせるレシピがある、という土居さんの知恵やアイデアが「捨てないレシピ」という書籍として今夏生まれました。


実際のだしがらに含まれる栄養素についてや、昆布以外にも煮干し、鰹節、椎茸と、そのほかの食材でのだしとり方法まで仔細に書かれており、掲載レシピの中には以前ベンガリーマトンカレーの回でもご紹介した、シタール奏者でベンガル料理研究家の石濱匡雄さんとコラボレーションして作られただしがら活用レシピもあり、興味深い一冊となっています。


そのお二人を今回は長浜へお迎えし、だしがらに焦点を当てたお料理を紹介していただくことになりました。


前半で土居さんが昆布のだしとり実演と、その出汁がらの応用レシピを。


後半は石濱さんにバトンタッチし、だしがらを使ってアレンジしたおかずを含むベンガル料理を紹介していただきます。



各回の最後には、出来上がっただしがら料理の試食と、皆さんからの質問タイムもございます。

普段からお出汁を取っている皆さんには、だしがらに残っている栄養素を知っていただき、だしがらを活用したレシピを。

お出汁を取るのってどうやるんだろう、取り方が分かればやってみるのに…という皆さんには、当日実際に土居さんが出汁取り方法を見せながら、その日の材料となるだしがらを用意してくださいます。

生活の中のちょっとした工夫に焦点を当てて見直して体感いただけたらと思います。


当日はこんぶ土居の商品や、石濱さんが監修しているレトルトベンガリーマトンカレー、お二人の著書など関連商品もさまざまご用意しています。

ぜひ皆さまお誘い合わせの上、ご参加ください!



11月27日(日)だしがら料理教室「だしがら料理のちから」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆午前の部/10001200

こんぶ土居 土居純一さんによる
【だしとりの基本とだしがら料理】
参加費:3,000(税込)
(だしとり実演・おにぎり、お味噌汁、だしがら料理付)

【当日のメニュー】
おにぎり
お味噌汁
クーブイリチ―(昆布の炒め物)
煮ない昆布の佃煮


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◆午後の部/14001600
ベンガル料理研究家・シタール奏者 石濱匡雄さんによる
【ベンガルカレーとだしがら料理】
参加費:5,000(税込)
(ベンガル料理、だしがら料理付)

【当日のメニュー】
ダル(豆のスープ)
煮干しのトルカリ
近江鶏のジョル(ベンガリ―カレー)
ごはん(サリークイーン)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それぞれ調理後に参加の皆さんでご試食いただき、土居さんと石濱さんのお話を伺っていきます。もちろん質疑応答時間も設ける予定です。


【お申し込方法】
湖のスコーレオンラインショップより、チケットをお買求めください。

https://www.umi-no-schole.jp/categories/4012716


メール(webshop@umi-no-schole.jp)での受付も可能です。
メールでのお申込の場合には、件名に「だしがら料理のちから」と明記の上、
①【土居さん編】・【石濱さん編】どちらに参加ご希望か。
 ※通しでの参加ご希望の場合は【通し参加】の記載をお願いいたします。
②参加者様のお名前
③お電話番号
④ご住所
⑤アレルギーの有無
をご記入のうえ、お申込みください。